【SA】アデレード(Adelaide)

FotorCreated

アデレードは南オーストラリア州にある州都で、オーストラリアで5番目に大きな都市です。街の規模はコンパクトにまとまっていて20分圏内で全てのものが揃う環境の良さから「20 Minute City」と呼ばれています。

都市の成り立ちは19世紀にイギリス人が新天地を求めて移住してきた「自由移民」に作られました。彼らによって新しく理想を求めて建設された都市なので、その「街並みの美しさ」「治安の良さ」「住みやすさ」から毎年「世界で最も住みやすい都市」で10位内の一つにも挙げられています。

「日本人が少ない」「教育の質も高い」「生活費が安い」と言う留学生の希望トップ3が叶う都市なので、日本人にとっては「隠れた教育都市」です。

アデレードのオススメの語学学校ランキング

【1位】フリンダース大学付属英語学校
名門フリンダース大学内にある提携付属英語学校なので大学施設が利用可能です。クラスはスキル・科目(コミュニケーション、 リーディング/ライティング、リスニング)に分かれ、各々の分野でレベル分けがされ授業が行われているので自分の得意な科目はより伸ばせ、不得意な部分は意識的に徹底して勉強することが可能です。放課後にフリーのレッスンもあり、朝から晩まで英語漬けになれます。宿題も厳しめに出され、真面目な学生には最高の学び場です。

【2位】カプラン・インターナショナル・カレッジ(アデレード)
英語オンリーポリシーが必要ないほど、フレンドリーな校風から英語を話す恐れがなくなる、明るい雰囲気で先生との距離も近いと評判です。カプラン独自で監修した教材”K+notes”と教材にそったオンラインラーニングシステム(主に宿題として使われています)”K+tools”があり、学校内でも学校外でもしっかりと英語を学べる環境が整っています

【3位】サウス・オーストラリアン・カレッジ・オブ・イングリッシュ
クラスレベルに応じた教材から、スピーキング、リスニング、ライティング、グラマーの授業をバランスよく取り入れて授業を進めています。アットホームでありながら、勉強は真剣にとメリハリの効いた雰囲気が特徴でもあり日本人の学生でもリピーターや学校を延長する生徒が多く、生徒の満足度の高さが伺えます。授業内容も特に会話の時間を比較的多く取り入れているのも大きな特徴です。

【4位】テイフ・サウス・オーストラリア
英語コースから進学準備コースを終える事で、IELTS無しで様々なTAFEの専門コースへ入学出来ます。専門コースを希望される方が増えたため、あわせて付属英語コースが人気です。日本人率の低くおすすめの学校です。

【5位】イングリッシュ・カレッジ・オブ・アデレード
日本人の少ないアデレードで唯一の日本人スタッフ在籍な点が人気。学校自体は少人数でアットホームな雰囲気で授業は行われています。

留学の問い合わせはこちら

留学相談/問い合わせフォーム
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。