【留学生ブログ】#9 Mayo in Adelaide  

こんにちは、Mayo です!

日本は真夏に近づき、特にラクロッサーの皆さんは、黒さにさらに磨きをかけている頃でしょうか(笑)

そんな日本と比べて、こちらでは冬かつナイター練なので、穏やかなスキンライフを送っていますが、オーストラリア人のチームメイトの肌が白すぎて、どうしても自分が自黒にみえてしまうのは何とも言えず空しいです。

ということで、こちらのシーズンも半ばにかかり終盤に近づいていきます。

セミファイナルやグランドファイナルは、9月です。日本は夏に近づくにつれシーズン入りしていきますが、アデレードでは夏が近づくににつれてシーズンが終わっていきます。真逆の季節でのシーズンですが、結局ラクロスはどの季節でも楽しいに変わりないです😊

週に一度ある試合ですが、それに加えて今は週に2回のペースで練習しています。

平日は毎日学校に通いながらテストやプレゼンテーションなどの準備やナイター練習などであっという間に過ぎていきます!そして、週末には試合があるので、スーパースピードで過ぎていきます。日本にいた頃も、もちろん毎日があっという間でしたが、またそれとは違った感じです!

 

さて、そんな中で、今回はどんな練習をしているのかについて紹介したいなと思います。

私のチームは、普段の練習ではだいたい1時間半から2時間くらいの時間を使って、皆が学校や仕事を終えた夕方から練習します。

練習場が天然芝で、雨が降っても基本的に練習可能です!

アデレードへ来てから、私は未だに土のグラウンドでプレーしたことがありません!

日本では考えられないような、敷地の広いオーストラリアだからこその恵まれた環境です😊天然芝で毎回ラクロスできる日本のチームなんて、とっても珍しいと思います。

 

グラウンドへ着いたら、各自軽くアップをしてからパスキャ等をして、全員揃ったら練習スタートです!

 

日本でもやるような、2on2、3on2などはやりますが、1on 1は全くと言っていいほどやりません!もともと私はゴリゴリワンワンのプレーが好きだったので、未だに試合中もやりがちなのですが、それでもだんだんと日本にいた頃とプレースタイルが変わってきているなーと感じます。

それぞれのチームで練習内容は違うと思いますが、私のチームではある状況下を想定してのセットプレーを練習することが多いです。

、、、と言ってもわかりずらいと思うので、具体的に説明すると、、

 

オーストラリアでは、日本と違ってファールをするとペナルティとしてコートの外で数分待たなきゃいけないケースが多々あるので、マンアップやマンダウンの状況がよくつくられます。オフェンスはこの状況を生かすに越したことはないし、ディフェンスは簡単にこの状況で得点されるわけにいきません。

このような状況を想定して、フォーメーションを形成したり、ゾーンの練習を組んだりします!

小さい頃から一緒にプレーして、理解しきっているメンバーが多い中で、

英語もまだ未熟すぎた私にとって最初はこの内容を理解するのに苦しみましたが、

徐々に英語が上達するのと、チームメイトと少しづつ打ち解けながら試合や練習を重ねるうちに、あの最初と比べたらだいぶ順応できるようになりました!

 

日本にいた頃の練習を思い出すと、AチームやBチームなどに分かれて、時間を決めてテキパキとメニューをこなしつつ、下の学年がレストの時には走ってスクイズを取りに行ったりしてメリハリのある練習がイメージできます。

英語には、敬語と言えるほどの敬語がないように、チームに全くと言っていいほど上下関係がありません。

それも理由の一つか、日本のようにテキパキはしていませんが、準備も片付けも全員が手分けしてやって、練習します。ハードさは、いまいち物足りないですが、、それでもひたすら楽しんでやれています。

 

また、私は日本ではユニフォームがズボンだったため、スコートユニフォームに未だにソワソワしてます(笑)

 

そしてワールドカップも、もうすぐですね!

日本のチームも応援していますが、オーストラリアに来たことによって、オーストラリアの知ってるプレイヤーも増えて、実際に戦ったことのあるプレイヤー、一緒にプレーしていたメンバーの活躍が楽しみです!オーストラリア、日本、ともに頑張ってください!!!!!

 

 

そして私のブログも残すとこ、実はあと一つになります!

拙い文章ではありますが、いつも読んでくれている皆さん、ありがとうございます😊

ラストも楽しみにしていてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

留学の問い合わせはこちら

留学相談/問い合わせフォーム
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。