【留学生ブログ】#5Kanako in Adelaide

こんにちは。Kanakoです。

前回のブログ更新から1ヶ月が経ちました。月日が過ぎるのはあっという間ですね。

 

そんなこんなで私の留学生活も折り返し地点まで来ました。

嬉しいような悲しいような複雑な気持ちです。自然と帰国までのカウントダウンが始まってしまったようで、もっといろんなことに挑戦しなければならないなと、少し反省しています。

さて、今回は最近購入した自転車について紹介していきたいと思います。

写真を撮るセンスを磨かなければなりませんね。なんですかこの写真の撮り方は…

私が自転車を購入しようと思った理由としては、公共交通機関がとても不便であるからです。

アデレードはMetro cardというSuicaやICOCAのようなカード1枚でバス、電車、トラムすべてに乗れ、さらに区間による料金の差がないので1駅でも15駅でも料金が均一なのです。また、すべて2時間乗り放題なので、たとえ乗り換えが多いとしても1度料金を支払うだけでよいのです。

ここまで、聞いているだけでは、何が不便だかさっぱりわかりませんよね??

そうなんです。料金の面ではとてもお財布にやさしいのです。

自転車レーンがあるので運転しやすいです。

問題はここからです。

【問題その1:早朝・深夜の本数がとても少ない】

これはアルバイトを始めてから感じたことです。

22時半にアルバイトを終えて帰宅しようとすると、自宅まで直通のバスがないのです。

別のルートで帰宅しようとするといつもの倍の時間がかかってしまいます。もし1本バスを逃してしまうと次は1時間後です。

また、時刻表は大きなバスターミナルのみ時間が決められているので、その中間にあるバス停には時刻表がないのです。おおよその時間はわかりますが、日本のように何時何分にバスが来るということはわかりません。そして多くの場合は、遅れてきます。

【問題その2:気付いてもらえない】

アデレードの場合、バスに乗りたいと思っても、ただバス停で待っているだけではバスに乗れません。

バスが来ているときに手を挙げてタクシーを停めるような感じでバスを停めなければいけないのです

ここでよくあるのが、手を控えめにあげたことにより、運転手に気付いてもらえずバスが通り過ぎてしまうという問題です。特に多いのは夜の暗くなった時間帯です。

せっかくバス停にいるのにバスにスルーされたときは、たまったもんじゃありません。ましてやしっかり手を挙げているにも関わらず…

以上の問題により私は自転車を購入することを決めました!!

調度良いタイミングでシェアメイトが母国に帰国するということで、自転車を安く売ってもらいました。

これもひどい写真です。運転しながらの自撮りは難しいです。

しかし、自転車にも問題点があります。私は日本人だな、と強く思う瞬間でもありました。

それは、ヘルメットです。アデレードではヘルメット着用が義務付けられています。個人的に今までヘルメットをかぶって自転車に乗ったことがないので、命を守る大切な道具なのですがダサいと思ってしまうのです。

これは慣れるというか、自分で割り切るしかないですね。

デコの輝き方が異常(泣)

はい。それからというもの、私の生活は、とても良いものに変わりました。

先日は家→学校、学校→アルバイト先、アルバイト先→家とトータル約34km自転車で移動しました。

約34kmとは、山手線1周分に相当します。いいエクササイズです…笑笑

ただ、次の日の筋肉痛は辛かったです。日本にいたときは常に原付生活だったので、高校生ぶりの自転車はきついです。

自転車で通学するようになってからバスの時よりも、家を出る時間が遅くなったので、少しだけ長く布団の中にいられます。それが私にとっての幸せです。私は、このような小さな幸せを毎日感じて過ごしています。私って幸せ者だなぁ~と…

皆さんにとって幸せだなぁ~と感じる瞬間はいつでしょうか。

これからは自転車でしか感じることのできない経験を多くしていきたいと思います。

先日IKEAまでサイクリングしてきました!!

たまには車やバイクではなく、自転車もお勧めですよ!!

以上Kanakoでした。

留学の問い合わせはこちら

留学相談/問い合わせフォーム
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。