【留学生ブログ】#1 MAYO in Adelaide

自己紹介

Mayoです! 法政大学の女子ラクロス部に所属しており、2年の後期から3年の前期を休学してオーストラリア・アデレードに語学留学に来ています。

私が留学に行こうと思った理由

小さい頃から英語を使って働くことが夢で、大学に入学したら留学して、日常生活で異文化に触れながら英語を学びたいと思っていました。世界には様々な文化、価値観を持った人がいますが、そういう日本じゃ味わえない色々な文化的背景をもつ人たちと出逢って、付き合うことで、自分の視野をどんどん広げていきたかったからです。英語を勉強するだけなら日本でも出来ることですが、私は英語だけではなくて異文化を肌で感じたかったので留学に行こうと思いました。

なぜこのタイミングで留学に行こうと思ったか・・・

大学に入学したら留学に行きたいと思っていた、と先ほど書きましたが、入学してからスムーズにここまで来たわけではありません。そもそも部活に入る気がなかった私は、ラクロス部に入ってしまったおかげで沢山悩みました。なぜならラクロスが楽しくて楽しくて仕方ないし、同期が、先輩が、後輩が、、、チームが大好きで大好きで仕方なくなってしまったからです。留学をすることでラクロスからもチームの皆からも離れたくないがために、留学はやめようと何度も思いましたが、結局しばらくすると「、、、留学したい、、、、。」と思うことの繰り返しでした。これでは絶対に後悔すると思っていたそんなときに、グッドタイミングでFUSION AGENTのウェブサイトと出会い、ラクロスをしながらも留学出来るということを知りました。これ以上の私が望む選択肢はなかったし、チームから離れるのはやはり寂しかったですが、チームから離れることがむしろ自分のラクロスの成長に繋がるだろうと思いました。法政大学には海外遠征などはないので、チームに海外ラクロス経験者はいません。そこで自分こそが海外のラクロスを経験してきて、新しい風を吹き込み、さらなる法政大学のラクロス飛躍に繋げたいと思いました。

長くなりましたが、タイミングは、2年の後期から行くことでリーグ戦にギリギリまで関わっていける、そして帰ってくる頃にリーグは始まっていますが、自分次第でその試合にも関わることが可能だと思ったからです。また、同期が3年生の時に、自分が帰ってくるので引退までに1年ほどあり、これなら自分が海外で学んだことを還元する時間があるとも思いました。このタイミングが私自身にとってベストだと思い、すぐに準備にとりかかりました。

DCIM100GOPROGOPR0681.

大学の休学の手続きの方法

学部窓口にて事情を話して手続き書類を受け取り、家で記入して再度提出。そして手続き費用を振り込んで、終わりました。私の場合は、後期が休学になっても前期の単位等に支障がなかったのでスムーズに進んだかと思います。

留学を通して成し遂げたいことや目標

大まかに分けてしまうと、3つあります。

まず1つ目は、英語を今までにもこの先にもないくらい、好きなだけ勉強して、将来の自分を助ける英語力を身につけることです。現在私が通っている語学学校には、レベルによってクラスが分けられます。それを目安に、1番上のクラスにどうにか必死にやって1年とは言わず半年でもっていく気でいます。今のところコミュニケーションのクラスが下の方過ぎて焦っていますが。。(笑)

 

そして2つ目は、自分から様々なことにチャレンジし、飛び込んでいって、人生経験をたっくさんして、オーストラリアでも人として成長し続けていきたいです。というのも例えば、日本にいたころは実家で暮らしていたので、多くの面で家族の助けがありました。しかし今は、シェアハウスで暮らしています。遠方からの支えはあるものの、ここでは日本とは違って洗濯も食事も基本的に自分のことは全て自分でやらなくてはならないし、色々な国の人が集まっているので、もちろん英語でシェアメイトと会話しなくてはいけません。文化の違いによって驚くことはありますが、英語で話すことを恐れずにどんどんコミュニケーションをとり続けていこうと思います!!他にも、少しでも興味がわくことがあれば、躊躇せずに飛び込んでいきたいと思います!

img_4082

最後に3つ目は、ラクロスです。留学するのにもたくさん悩ませてくれたラクロスですが、ラクロスなしにこんなにもわくわくする人生も留学もありませんでした。私の所属する法政大学はここ近年、関東学生リーグの一部に残留し続けながらも、未だ、日本一はまだしも、ファイナル4へも進出したことがありません。日本一を掴むのは数多くのチームの中から、たったの1チームです。その日本一を我がチームが掴むのが、そしてその舞台で自分がプレーで貢献するのが、私のラクロスにおける目標です。一部残留という停滞地から抜け出すために、私がこっちでしか出来ないことが、たくさんあると思っています。ただシンプルにプレーを伸ばすのは言うまでもないですが、日々の積み重ねを怠らずコツコツと準備をして、まずはオーストラリアのシーズンへ向かっていきたいと思います。そして日本に帰るときに今よりも何倍も逞しくなって帰りたいと思います。そんな気持ちでスタートをきってもう1ヶ月。あっという間だと思いますが、楽しみで仕方ないです。

img_4751

学校の授業について

私の通っている大学では、コミュニケーション、ライティング&リーディング、リスニングの3つの授業に分かれて毎日学んでいます。それぞれでクラスのレベルが分かれているので、とても質が高く、思っていたよりずっと内容の濃い英語を学べています。

DCIM100GOPROGOPR0762.

留学に行く前の留学のイメージと今感じているギャップ

オーストラリアは夏なのでとっても暑いと思っていたのですが、全然そんなことなくてむしろ冬なの?!ってくらい気温が安定しておらず寒いときがあることです。
どんな気候にも対応出来るようにもっと長袖や上着を持ってきてたらよかったです。

日本にいる間にやっとけばよかったなーっておもっていること

オーストラリアの食事が嫌いでも合わないわけでもないですが、もっと日本で日本食のありがたみを感じておけばよかったな、とは思います(笑)日本食はやっぱり美味しいです!ちなみに、オーストラリアでは、SUSHIが人気です。

英語はいくら勉強してもしたりなかったと思っています。

アデレードのお気に入りスポット

もっぱら家の近くのビーチです!勉強の息抜きをしたいときも、走るときも、基本的にビーチへ向かいます。日本では海へ行くのも距離があってなかなか手軽には行けなかったので、家の近くにビーチがあるのは新鮮で、かつオーストラリアのビーチは本当に綺麗で、走るのも普通の道より数倍楽しいし気分もスッキリします。最高です!!!!他にも走ったり、犬の散歩や、ベンチでたそがれている人もいて、とても穏やかな時間が流れています。そこで知り合ったオージーと話が弾むことだってあります。何度も言いますが、一番のお気に入りです、AWESOME!!!(笑)

img_4315

これからの留学生活の意気込み

しっかり自分と向き合いながら、異文化を通して視野を広げ、どんなことも全力で楽しんでいきたいと思います!!!そしてそんな私のアデレードライフを皆さんに伝えていけたらと思います。

留学の問い合わせはこちら

留学相談/問い合わせフォーム
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。