【ラクロッサーのオーストラリア留学】ホームステイって楽しそうだけどどう?

オーストラリアでの留学生の代表的な滞在方法としては『ホームステイ』『学生寮』『シェアハウス』の3つが挙げられます。
これから3回に分けて、それぞれの滞在方法のメリット、デメリット、費用などをご紹介します!

今回はホームステイについてご紹介します!

オーストラリアでの生活を始めるにあたって、オーストラリア人の生活様式や文化に触れ、常に英語の環境に身を置けるホームステイ。
現地の一般家庭に入り、生活を共にしながらオーストラリアの文化・習慣・言葉を学ぶ事が出来るユニークなシステムですね。
留学生をたくさん受け入れているオーストラリアでは留学生を自宅に迎え入れる事が気軽に行われています。

ホームステイは「お金を払っているから世話してもらって当然」、という感覚ではうまくいきません。
お世話になっているという謙虚な気持ちでの滞在を心がけ、各家庭にある基本的なルール(門限、就寝時間、食事の時間、トイレ、入浴、洗濯、掃除、電話など)を事前に確認し、滞在中はホストファミリーの生活習慣を尊重することが大切です。
日本とは生活習慣が違いますので、疑問があるのは当然ですし、最初は誰でも慣れない言葉や文化、生活習慣の違いで戸惑う方が多いです。
最初に決まり事を確認しておくと、後々気兼ねすることもないだろうし、コミュニケーションを取るきっかけにもなります。
遠慮せずに、どんどんホストファミリーに確認を取り、コミュニケーションを取ると良いでしょう。
変に遠慮したり、ごまかしたりするのはかえって失礼ですし、自分で勝手に判断するのは何かしらの誤解を生む事にも繋がってしまいます。

また、出来るだけ家族との会話を持つように心がけましょう!部屋に閉じこもってばかりでは、英語や文化等に触れるせっかくの貴重な機会を逃してしまい、ホームステイをしている意味がありません。

意外に困るのが、ホストファミリーに日本のことについて色々質問された時です。
事前に日本の文化、社会などを学び、英語で伝えられるように準備をしておくことをオススメします!

ホームステイのメリット

やはり英語環境でいられるという事。学校で学んだ英語を家で使う事で英語が習慣になります。
また、オーストラリア人の考え方や、ルール、マナーなどを知る事も出来ます。文化交流には最適です。
オーストラリア留学センター、或いは学校などの手配会社の担当者が視察に行っている事。万一の問題発生時にサポートしてくれるのは安心ですよね。

ホームステイのデメリット

門限や食事の時間など、その家庭のルールをある程度守らなくてはいけない事。ホストと相性が合わないこともあると思うので最初から長期で申し込まずに、まずは1ヶ月程の申し込みをしたら良いでしょう。

ホームステイをする場合の費用(2016年度)

基本的にホームステイは入学する学校にて一緒に手配をします。基本的にどこの学校でもホームステイを申し込むことが可能です。
語学学校手配のホームステイ費用については、各語学学校が提示する、手配費、宿泊費が必要になります。
宿泊費には平日2食(朝、晩)、週末3食(朝、昼、晩)の食事代が含まれます。

※なお、クリスマスホリデー期間(12月23日~1月1日)に滞在が重なる場合は、別途、特別期間の追加料金が加算される学校もありますので、ご注意ください。

都市ごとに費用が異なります。下記は大体の週あたりの平均的な額です。
【シドニー】週あたり約290ドル
【メルボルン】週あたり約280ドル
【ブリスベン】週あたり約265ドル
【パース】週あたり約270ドル
【アデレード】週あたり約265ドル
【ゴールドコースト】週あたり約260ドル

空港出迎えサービス費用について(2016年度)

空港出迎えサービスは、学校側で手配をしているケースがほとんどです。費用は到着空港により変わります。これは各都市によって、空港から市内までの距離が大きく変わるためです。各空港毎の空港出迎え費用については、下記を参考にしてください。
※自分で空港からホームステイ先まで行くことは可能ですが、英語力に自信がない方はこちらのサービスに申し込むことをお勧めします。

【シドニー空港 → シドニー地区へ】片道 約185ドル
【メルボルン空港 → メルボルン地区へ】片道 約170ドル
【ブリスベン空港 → ゴールドコースト地区へ】片道 約230ドル
【ブリスベン空港 → ブリスベン地区へ】片道 約165ドル
【ゴールドコースト空港 → ゴールドコースト地区へ】片道 約165ドル
【ゴールドコースト空港 → ブリスベン地区へ】片道 約230ドル
【パース空港 → パース地区へ】片道 約150ドル
【アデレード空港 → アデレード地区へ】片道 約150ドル

※深夜着などの場合、到着時間により空港出迎え費用に追加料金が加わる場合があります。日中の到着便にて到着するのが基本です。深夜着の場合はホームステイ先の受け入れが難しい場合がありますので、事前にご連絡ください。

留学の問い合わせはこちら

留学相談/問い合わせフォーム
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。