【AUSインタビュー】#6 Hikari Takano (Melbourne)

ラクロッサーインタビュー第6弾!!!
関東社会人クラブチームNeOでプレーをされている Hikari Takanoさんにインタビューをしました!

Hikariさんは4年間大学でラクロスをやりきった後、オーストラリアにラクロス修行として行かれました!
Hikariさんは今年の女子ラクロス日本代表選手として活躍もされています!

Hikariさんが オーストラリアでどのようなラクロス生活をされたのか、 オーストラリアで勉強をしながらラクロスをプレーしたいorラクロスを本格的にやってみたいと思っている方にはとても参考になるインタビューとなっています。
是非チェックしてください!

関東女子社会人ラクロスチーム NeO でプレーをしています

こんにちは!高野ひかりです。
横浜国立大学出身の現在24歳で、関東女子クラブチームのNeO に所属、平日は私立の中高一貫校で数学の講師をしています。ポジションはMD、ラクロス歴7年目になります。
ラクロスは大学生から始めました。大学4年間ラクロス漬けの生活を送り、引退後ユースの同期の仲間たちと共にクラブチームのNeO を創部し、今年がNeOとして戦う3シーズン目です!

約1年間ラクロス修行をしにオーストラリアへ行きました!

14483438_1124443880971162_1841685883_n 大学を卒業した年、2014年の11月から翌年の10月まで約11か月、オーストラリアのメルボルンへ行っていました。
オーストラリアへは120%ラクロス目的で行きました。アメリカに行きたいと当初は考えていましたが、アメリカでプレーするのは条件的に難しかったので、行き先はオーストラリアにしました。
オーストラリアはワーキングホリデービザがあること、現地のクラブチームの情報が手に入りやすかったことなどからオーストラリアに決めました。とにかくラクロスが強くなりたくて、とにかく強いチームに入ろうとコンタクトをとり、迎え入れてくれたのがVictria州の2強と言われるFootscrayというチームでした!

ラクロス以外には語学学校にも通学しました。

14470884_1124444144304469_498149341_n
ラクロスをやるならば英語で会話ができなければ!と思ったので、 English Language Australia という小規模の語学学校へ約3ヵ月通っていました。単純に授業料が安いことで決めたのですが、この学校の一般英語コースは、読み、書き、リスニング、スピーキングがそれぞれのレベル別のクラスに振り分けられており、文法などの基礎は日本でやっていたので学校では会話力を身に付けたいと思っていた私にとっていい学校でした。また学校全体としてもスピーキングに力をいれていたので、授業自体はプレゼンテーションや意見を述べる形が多かったこともいい勉強になりました。

シーズン前は朝は自分でトレーニング・昼間は学校、シーズン中は毎日ラクロス中心の生活

14518484_1124443630971187_600213242_n
学校に通っていた最初の3ヵ月はクラブチームがオフシーズンだったので、朝から一人でトレーニングや壁打ち、10:00~15:00など1日5時間の授業、授業後は友達と遊んだり、自転車で散策したり、また練習をしにグランドへ行ったりなどしていました
学校を終えた後はクラブチームの練習も始まり、アルバイトも始めたので、夕方まで働いた後チームの練習に行くという流れになり、滞在の終盤はアルバイトもやめたので、ジムとグラウンドと図書館を行き来するという毎日を過ごしていました。

時にはお気に入りの場所に行き自分にご褒美も!

メルボルン市内にあるThe hardware societe というカフェがとても好きでした!もちろんコーヒー文化の盛んなメルボルンなのでコーヒーもおいしいみたいなのですが、私はコーヒーが飲めないので笑。ここの卵料理が本当においしい!頑張った次の日には、ここのBaked Egg を朝食べるというご褒美を設定していました!

市内にあるEureka towerという展望台にも好きでよくいっていました。ここからメルボルンの街を360度見渡すことができるのですが、初めてここから夜景を見たときは本当に感動しました。地図で見るメルボルンの地形がそのまま真っ黒な海の上にきらきらとあるんです!メルボルンを訪れる友人にも絶対おすすめする場所です!

オーストラリアのラクロス修行を経て自分に大きな変化が・・・

14528414_1124443734304510_184016890_n
オーストラリア滞在を経てとても大きな変化があったと思います。周りにもよく変わったね、と言われました。自分自身で1番感じることは、”自分の考え”ができたこと。
留学前の私は自分の考えを伝えることが苦手で、そもそも自分の考えもあまり持っていなかったように思えます。他人の考えに納得できない時も言葉にはできず、結局態度に出てしまうような人間だったかと笑
きっとオーストラリアという、誰も私を知らない、ラクロスにおいても日常においても、自分が自分自身を知っていなければ何も周りに伝えることができない。そんな環境が”いまの私自身”を作り上げたのかなと思います。
ですが、自分が強すぎて頑なになることは嫌だなという気持ちもあるので、しっかりとバランスのとれた人間になりたいと思っています!

オーストラリアで私のラクロスの成果を認めてもらうことができました

シーズンの最後にチームでのPresentation Nightがあり、1シーズンを通しての表彰を行うのですが、そこで私は Most Improve という賞を頂きました。
表彰していただいた際はすでに帰国していて直接受け取れなかったのですが、コーチから連絡をもらったとき、ラクロス人生で1.2位を争うくらい嬉しかったのを覚えています。副賞的なものかもしれませんが、初めて自分の力で何かを掴んだと言い切れる、本当に大きな証です!
14483620_1124444007637816_645913380_n

オーストラリアという慣れない土地での生活は本当に大変でした

14466418_1124443944304489_550342931_o
向こうへ行く前からチームのコーチと連絡をとり、最初の家などを手配してもらっていたのですが、勘違いで初日から一人暮らし、Wi-Fiもなく携帯も繋がらず、ここがどこかも分からないという状況になってしまって!さすがに無理だと思ったので、道行く人にスーパーの場所を聞き、現地携帯とWi-Fiなんかを買い、なんとかなるかもと帰ろうとしたら、家の場所が全く分からなくなっていましたね笑 方向音痴なもんで。結局20分のところを2時間くらいかけて泣く泣く辿り着いたという日本じゃ絶対しないであろう苦い思い出ですね!笑

オーストラリアに留学したいと思っている人たちへメッセージをお願いします!

自分が海外へ行きたいと思い、それに向かって少しでも行動できるとしたらチャレンジすべきだと思います!日本にいる時に経験するはずもないことが外にはたくさんありました!うまくいくとは限らないですが、自分で決めたことだからこそ、その道に責任をとるのは自分。その過程が絶対成長に繋がると、私は思います!是非自分の気持ちに正直な選択をしてほしいと思います(^^)

14483966_1124444200971130_2002503778_n

留学の問い合わせはこちら

留学相談/問い合わせフォーム
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。