【大学生向け】長期語学留学のススメとアドバイス

留学を迷ってる大学生に向けた1年くらい大学を休学して語学留学に行ってみたいんだけど、どうしたらいいかわかんない・・・なんていう大学生、結構いますよね?
そんな方向けに今回は長期語学留学に関するよくある疑問や質問を解決し、そしてオススメのプランをご紹介したいと思います!
今回は大学生向けのご紹介をしますが、次回は社会人向けの長期語学留学プランをご紹介する予定です!

それではもろもろ疑問にお答えしていきたいと思います。

大学生のラクロスの人がまず悩む、いつ行くの問題

正直、行こうと思えばいつでも休学していけます。
1年生から2年生の間、2年生から3年生の間、3年生から4年生の間、4年の後期から一年間、各学年で後期から・・・
ただ同期と一緒に卒業できないといやだな、就活あるしどうしよう、などの不安要素はあると思いますが、そんなの大学卒業しちゃえば意外となんともなかったりして・・・。
学業の面では休学をすることにおいては特に大きな問題はないと思います。今やってる研究が中途半端になっちゃう・・・とか?
就職や将来のキャリアということを考えると、逆に大学生のうちに留学に行っておいた方が大きなメリットがあります。
社会人になってからの留学はそれなりにリスクがあります。会社を辞めるとなると今まであったお給料が入ってこなくなり、お金が出て行くばっかりの生活となります。それは本当にストレスです。本当です。また、あと少しで昇進してお給料が上がりそうだからもう少し仕事しようかな・・なんて思っていたら結局仕事がやめられない、とか・・・。会社に入ると色々としがらみがあって、会社辞めるのも大変だったりするんです。。。

でも、もし大学生のうちに英語がそれなりに話せるようになると、より就活でいい企業に就職できる可能性が高まります。もしかしたら就職先が海外、なんていうことも可能になります。海外で働いた方が働く時間が短くて、給与が高いなんてことは普通です。

お金はどの程度かかるの?問題

IMG_2121

1年間の語学学校の学費で約120〜150万円位かかります。それにプラス生活費。
学費の内訳は、週毎の授業料+入学金+教材費+(ホームステイ手配費、ホームステイ費用)。
生活費はだいたい月に10〜15万円程度と見ておくといいかもしれません。

以前私がオーストラリア(アデレード)に住んでいた際のお小遣い帳があるので、それを共有します。
アデレードはオーストラリアの中でも家賃が一番安いところです。都市によってかかる費用は変わってくるので私のお小遣い帳は一つの例としてみてみてください。
==========================================================
【固定費】 795ドル
□住宅
シティの中のシェアハウス 週165×4週=660ドル
部屋は6畳、ベッド,机,バルコニー付きのシティの中でオウンルーム(一人部屋)
結構いい暮らしの部類に入ります。

□光熱費 (私の場合は住居費用とは別途)
週30×4週=120ドル
3ヶ月に1度の請求でシェアメイトと折半。おおよそ週30ドル程度と見積もり
□通信費  月15ドル

【変動費】523ドル
□食費 125ドル(スーパーで買った物)
□ランチ 56ドル(あえて食費に入れず→2日に1回程度外食しています。これは10回分のランチ代です!)
□交際費 127ドル
□教育費 56ドル(本)
□美容 41ドル(化粧品を1点買いました。若くないためちょっと高めw)
□衣服 35ドル(どうしても寒かったのでセーターを買いました)
□日用品 34ドル(ビタミン剤と洗濯洗剤柔軟剤を購入)
□嗜好品 35ドル(お酒)
□家電 14ドル(Kマートにてヒーター購入)

合計 1318ドル!
==========================================================
ということで、約11万円くらいを一ヶ月で私は使っていました。
でも私なりに最上級に節約してこれくらいです。
洋服は買ってないし、日本にいるときのように毎日遊び歩いていたわけじゃないし、カフェにだってそんないいっていない。

どこのどんな学校に行こうかな問題

FotorCreated

とりあえずエリアを決めよう
語学学校はオーストラリアの中に沢山あります。なぜなら教育に力を入れている&留学生が本当に多い(世界3位)ため。
沢山いる留学生に質の高い教育を受けて欲しいと思っているオーストラリアという国には、
本気で英語を学生にマスターして欲しいと思っている真面目な学校、
ホリデイも楽しんで欲しいと言う気持ちを込めてアクティビティ重視のところ、
ワーホリの人のためにただ費用が安いところ、
学生ビザが欲しい人の為にある質悪し・値段安しなところ、など様々な種類・レベルの学校があります。

エリア毎に偏って上記の種類の学校があるというよりかは、オーストラリアの主要都市(下記で都会派向きと書いた都市)全てにそれぞれのレベルや志向向けの学校があります。
ただ小さな都市(下記で海・自然派向きと書いた都市)は学校数が少ないです。

ということで、まずは行きたいエリアを決めてしまいましょう。
どこが自分に向いているかはそれぞれの都市の特徴を見ながら決めるといいと思います。
さらっと都市の特徴を書いてみますが、より詳細を知りたい方は私までお気軽に聞いてください。

<都会派の人向き>
【シドニー】最大の都市。学校、観光、なんでも有り!生活費(特に家賃、交通費)は高め。
【メルボルン】ヨーロッパ調の街並みが素敵でカフェ文化も合わさり人気の都市。冬は寒い。
【ブリスベン】アカデミックな雰囲気で学生街として就学に適している。大学生に人気。年中気候がいい。
【パース】西海岸にあり、他の主要都市からはとっても遠い孤立した都市。運河の街だがビーチも近い!
【アデレード】地方都市で日本人が少なく勉強に集中出来る。家賃・交通費が安め。

<海・自然派の人向き>
【ケアンズ】ダイビングで有名。街がとても小さくのんびりした雰囲気。雨季はスコールがある為注意。
【ゴールドコースト】海、山、アクティビティが豊富!サーフィン好きには超オススメだが日本人多め。
【サンシャインコースト】オーストラリア有数のビーチリゾート。リラックス派にお勧め!年中気候がいい。
【バイロンベイ】ヨガやりたいならここに行けば間違いなし!
【タスマニア】メインの島ではなく、一番南にある別の島に位置しています。ウォンバットに気軽に会えるが、冬はびっくりするくらい寒い。
【ダーウィン】The昔のオーストラリア。海はワニがいるので泳げません。世界遺産や自然の観光スポットが多いのでネイチャー好きにはぴったり。

現地で何を目標にしよう問題

オーストラリアに行って何したいですか?といってすぐにこれやりたいですって人は少数派。
やりたいことがある人は、それに向かってがんばれー!ですが、
とりあえず今んところ特にやりたいこともなく、ただ海外に住んでみたいんですって人は、下記の目標を掲げて見るのなんていかがでしょうか?

▼英語力が証明できるテストのスコアアップを目指す
日本では英語力証明はTOEICのスコアがメジャーですが、オーストラリアではTOEICはメジャーではなくIELTSかケンブリッジ英語力検定試験がメジャーです。
英語力検定試験は沢山ありますが、使用用途によって適しているものが変わってきますので、詳しくはベネッセさんのこの記事を見てみてください。
すごくよくまとまっていて、理解しやすいと思います。

例えば・・・
目指せIELTS6.0(TOEICで740~820点、TOEFL で600!)

▼いろんな人に会ってみる
・学校の友達と学校以外で会う
・ボランティアに参加
・シェアハウスの友達と旅行
・地域のクラブに参加
いろんな人と会って、話してみてみる。ただそれだけでいい。

▼今後(将来)何したいかをじっくり考える
留学中は日本にいるときのように毎日遅くまで友達と遊ぶなんてことも無くなると思うので、自分のために使える時間が増えます。
世の中で何が起こっているのか、その中でも自分が興味が惹かれるものは何か、何が好きか、何が嫌いか、などをゆーっくり時間をかけて考えてみる。
自分の棚卸しや新しい知識を入れることはいつ何時でもとても重要なことだと思います。

どうやって準備するの?問題

オーストラリアに行きたいなー、と思ったら下記の流れで準備することをお勧めします。

1、何をしたいのかを決める(英語を勉強したいのか、専門的な勉強をしたいのか)
2、いついくかを決める(英語を勉強するならいつのタイミングでもいけるが、大学や専門学校に行くとなったら入学日が決まっている場合があるので注意)
3、FUSION AGENTに連絡し、そこから全てFUSION AGENTと一緒に決めていく
4、行く学校を決める
5、学校に申し込みをする
6、授業料の振込み→入学許可証をGETする
7、大学に休学届けを出す
8、ビザ&航空券の手配
9、日本出国に向けての手配(クレジットカードや携帯の手配)
10、出国!

語学学校に行きたい人なら日本出国の 半年前 くらいから準備、
専門的な知識を学びたいという方なら 9ヶ月前 くらいから準備、
を始めると全てに余裕を持ってことを勧められると思います。

長期で留学する際のオススメの学校(エリア毎)

長期でしっかりと英語をマスターしたいと思っている方へオススメの語学学校をご紹介します!

FotorCreated

<都会派の人向き>
【シドニー】イングリッシュ・ランゲージ・カンパニー
【メルボルン】インパクト・イングリッシュ・カレッジ
【ブリスベン】ラングポーツ・イングリッシュ・ランゲージ・カレッジ
【パース】ミルナー・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュ
【アデレード】インテンシブ・イングリッシュ・ランゲージ・インスティチュート

<海・自然派の人向き>
【ケアンズ】ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ
【ゴールドコースト】ラングポーツ・イングリッシュ・ランゲージ・カレッジ・ゴールドコースト校
【サンシャインコースト】レクシス・イングリッシュ・ヌーサ校
【バイロンベイ】バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール
【タスマニア】タスマニアン・カレッジ・オブ・イングリッシュ
【ダーウィン】ナビタス・イングリッシュ

その他の質問

こちらから受け付けています!お気軽に連絡ください^^

留学の問い合わせはこちら

留学相談/問い合わせフォーム
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。