【AUSインタビュー】#2 Shoko Hirata(Adelaide)

オーストラリアに在住のラクロスの方へのインタビュー第2弾!!!

第2回目は Shoko Hirata さんです!

Shokoさんは大学卒業後、日本ではサービス業に従事していました!サービス業はご存知の通り朝から晩まで働く大変な仕事です!
Shokoさんは青山学院大学在学中はアタックとしてプレーをやっていましたが、大学卒業後は仕事が忙しくてラクロスは全然できなかったとのこと・・・でも今はオーストラリアのアデレードででラクロスをやっています。

Shokoさんがなぜオーストラリアにワーキングホリディに行こうと思ったのか、そして今はどんな生活をしているのか、渡豪を考えている方にはとても参考になるインタビューになっていますので、ぜひご覧ください^^

Shokoさんのラクロス歴とその際のポジションを教えてください

2008年から2012年まで青山学院大学で4年間ATをやっていました。
就職後はラクロスはしていなかったのですが、オーストラリアにワーホリで行き、生活も慣れたので2016年2月からオーストラリアでWildernessというチームに参加しています!4月末からはリーグ戦も始まります!!

shoko2

渡豪前は日本で何をしていましたか

人が集まるコミュニティをいつか作りたいと思い飲食業界に就職し、渡豪前まではカフェの副店長として働いていました。

shoko8

渡豪を思い立ったきっかけはなんでしたか

一番最初のきっかけは父が2年前に亡くなったことです。
突然のことだった為、親孝行などできていないことがたくさんあり、とてもとても大きな後悔をしました。
その後、仕事のキャリアや今後の人生について自分はどうしたいのだろうと考えることが増えました。
長期留学や海外に出て色々な世界を見たいという気持ちが以前からありましたが、タイミングを逃してきました。
仕事を初めて3年がたち、今行かないともう行くタイミングを今後逃してしまう!そんな気がして、後悔をしたくなかった為直感で行くことを決めました。

オーストラリアでは今までどのような生活していますか

去年の10月から4か月間語学学校に通い、最初1か月はオーストラリアの家庭にホームステイをしました。
その後は、自分で部屋を探し、オーストラリアの大学生の女の子をシェアハウスを4か月ほどしました。現在は新しい家に引っ越し、現地の老夫婦の自宅の一部屋をお借りしています。
お家や人には恵まれていて、どのお家も人も素敵な方ばかりです!
語学学校ではいろんな国の友達ができ、バーベキューをしたりパブに行ったり、ビーチに行ったりしてます。
現在は語学学校を卒業し、日本人オーナーさんが経営しているカフェでアルバイトをしています。コーヒーを作ったり、接客をしています。それ以外では毎週ラクロスの練習に参加したり、お友達と出かけたりしています。
今は折り紙や書道など日本文化を紹介するワークショップができたら面白いのではないかと働いているカフェでやることを企画中です。

shoko3

shoko6

平均的な1日のスケジュールを教えてください

朝8時起床 、朝ごはん、アルバイトに出かける、ラクロスor友達に会うor自宅で晩御飯作り金土日は語学学校のお友達に会うことが多いです。
時間がある時は、色々なレストランやカフェに行ったりしています。

 

アデレードのおすすめのスポットレストランやバーを教えてください

アデレードは他の都市に比べ、小さいですが、その分移動がしやすかったり、生活費が安くすむのがいいところだと思います。静かなところなので、ゆったりと生活できますし、学生にはいい環境だと思います。
また、アデレードはカフェが街の至るところにあってコーヒーが美味しいです。シティ内にフリーWiFiがあるのも嬉しいです。

よく行くおすすめスポットは、シティライブラリー(フリーWiFiで、DVDや漫画なども借りられます)
P.J.Obriens Irish pub (毎曜日様々な種類のステーキが10ドルになったり木曜限定で、ビールが3ドルになったりします!)
Bar9 (好きなコーヒーショップです)
Black dog gallery ( 私が今年に入ってから働かせていただいてるカフェです、日本食がとっても美味しいです!)

 

日本を出て渡豪してから自身で自分変わったなーと思うところなどはありますか

渡豪前は英語に対して少し構えていたというか、間違えちゃいけないという思うが強く喋るのが苦手でしたが、こちらに来てからは話す機会も増えいろんな方の英語を聞くと、アクセントや文法が少し間違っていても伝える気持ちの方が大切なんだとわかり、間違えてもへこたれず喋る度胸がついたような気がします。
また、恥ずかしながらずっと実家暮らしだった為、料理や洗濯などといったこともすべて初めてでした。さほどうまくはありませんが、一通りはできるようになったと思います。

shoko5

オーストラリアにきてよかったなと思ったエピソードを教えてください

まずは色々な国のお友達ができたことです。自分の目標の中に、世界各国の人と友達になって、友達めぐりで世界を回るというものがあるのですが、その目標に一歩近づきました。遠くに住む友達が国へ帰る度に、またその国で会おうね!とお別れしています。
それからオーストラリアは色々な移民で成り立っている国で、本当に色々な人がいますし、日本にそのままいたら絶対に出会うことなかったであろう人たちに会えて色々な価値観に触れられたのはよかったなと思います。
自分の中の普通は普通じゃないんだと改めて気づかされました。
今までは慌ただしく働いていたので、オーストラリアでゆったり生活できてるのが嬉しいです。

shoko7

オーストラリアにきて大変だったなと思ったエピソードを教えてください!

オーストラリア現地の英語や、様々な国のアクセントを聞き取るのが大変でした。
また私は車の免許がないので、移動がすべてバスや電車なので少し不便な時があります。アデレードは比較的車なしでも移動しやすい都市ですが、ファームなどに行く場合などは車はあった方がいいですし、選択肢のひとつとして車が使えないのはたまに大変だなと感じます。もし留学されるまでに時間がある方は、免許を持っていたほうが便利だと思います。

それから地味ですが、ケータイがSIMフリーのものではなかったのが不便だったので、来られる方はSIMフリーをおすすめします。

shoko9

渡豪を悩んでいる方へメッセージをお願いします!

もし少しでも行ってみたいなと思う気持ちがある方は是非チャレンジしてみてください!特にワーキングホリデーは一年間何をしてもいいビザなので、違うなと思ったら期間を短くしてもいいですし、条件を満たせばもう一年伸ばすことも可能です。
長い人生のうちのたった一年ですし、人生いつ何が起こるかわからないのだから、やらない後悔よりやって後悔した方がマシだと思います!無論、後悔することなんてきっと何もないくらい毎日が新鮮で楽しいと思います^_^

インタビュー後記

しょうこちゃんと私は日本にいた際は直接接触はなかったのですが(実は私が青学の練習に参加したタイミングで会ってるだろうけど覚えてないww)、たくさんの共通の知り合いがいました。
またこの機会まで深くしょうこちゃんと話す機会はなかったので、私にとってもしょうこちゃんを知るとてもいいきかっけでした。しょうこちゃん、面白いですね!!
やはり留学に行く人は、留学を自分の人生の中の一つのイベントとしてちゃんと考えているし、でもオーストラリアに行く!っと結論出すときはノリで決めちゃったりして・・・
ラクロスの人がいろんなところで頑張っているのを知るのは嬉しいし、だからもっとラクロッサーのことを応援したいなと思いました。
しょうこちゃん、インタビューを受けていただき、ありがとうございました!!!

留学の問い合わせはこちら

留学相談/問い合わせフォーム
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。